使わなくなった指輪を使えるように

>

リフォームで新しく生まれ変わる

デザインを一新できるリフォーム

指輪のデザインは、大きく変化させることが可能です。
一粒宝石の指輪でもその台座の部分を違うデザインのものに変化させるだけでなく、そもそものデザインを一新することが出来ます。

小さな宝石をちりばめたデザインの指輪であっても大丈夫です。
小さな石が取れて紛失してしまった場合にも、取れてしまった宝石を新しいものに加えることから、宝石の配置自体を別のデザインに変化させる楽しみ方ができます。

ですからデザインが古くなってしまった場合でも、ちょっとだけでなく完全にデザインを変えて今風に変化を加えることが可能。
今のファッションに合う指輪に作り替えられるので、新しくアクセサリーを購入せずに新しい感覚で従来の指輪を楽しむことが出来るでしょう。

石を変えることも

指輪のデザインだけではありません。
宝石を変えることが出来るのもリフォームの魅力です。

例えばかつてダイアモンドといえば、スィートテンダイアモンドと呼ばれるフレーズが登場するなど、婚約指輪や結婚指輪に人気の宝石でした。
石の硬さ等から夫婦の絆の固さを表現する意味合いでダイアモンドはもてはやされたのですが、今ではダイアモンドよりもトパーズやエメラルドなど、肌色をよく見せる色合いの方が気になる方が多いようです。

せっかくもらったダイアモンドだけれど、石も欠けて使わなくなってきたのなら、石を一新して楽しんでみてはいかがでしょう。指輪のリフォームでは石のリフォームも行っているため、自分の好きな宝石にチェンジして指輪を楽しむことが出来ます。


TOPへ戻る